秦建日子さんプロデュース公演v ol.13「Pain 」@ウッディシアター中目黒

110914_153508_ed_ed 110914_232745_ed

久しぶりに、お芝居を観に行って来ました!

秦建日子さんプロデュース公演vol.13「Pain」@ウッディシアター中目黒

この「Pain」というお芝居、前回の公演のときには、わたしも出演する側でした。

わたしが演じた安田妹役を、今回は、なんと!!元メンバーの上田愛美ちゃんが演じているということで、行きしなにあいちゃんのメールで配役を知ったわたしは、かなりテンションあがりました。

それ以外にも役をこなしていたあいちゃん。
広島弁?連発シーンが、すごいハマッていました!
うー、さすが。

さてさて、
今回はじめて客席から「Pain」を観させていただき思ったことは……

痛い。

本当に、みんな痛い。

胸が痛い。

なんか、いろいろ痛い。

ということ。

「Pain」

でした。

はじめて秦さんのお芝居と出会ったのが、確か六年前?になるのかな?

あのときは、事務所のかたに「わたし、もう数ヶ月で24になっちゃいます。お芝居の勉強を、一刻も早くはじめたいんです!」と直談判しにいって、その後ひとりでTAKE1の門を叩きに行ったのだよね。

秦さんとはじめてお話したあと、見学じゃなくていきなりワークショップに参加したの。わたし。

自分からなにかをして、誰かに認めてもらわないと、待ってるだけじゃ、あしたは来ないんだって、なんか、本当に必死だったよね。
見えない、いろんな物事と戦っていた。

あれから、六年か。。
そりゃ、わたしも来年30歳になるわけだ!

自分の人生を通して、台詞がところどころすっごく深いところまで突き刺さる感覚が、やはり今回もありました。

興味のあるかたは、まだきょうが二日目なので観に行ってみてくださいね〜。

終演後は、出演者のかたがた、スタッフのかたがた、きょう観にいらしていたかたがたと二時間ほど飲みました。

うー!
なんか、こーゆーの、すっっごく久しぶり!

お芝居はじめたての頃、わたしをしごいてくださった松下さんと久しぶりに話せてうれしかった!

築山さんに、“あのシーン”最高でした!と伝えられてよかった!

ボッコさんに、「るつぼ」のDVDお渡しできてよかった!

春田さんと、久しぶりにお芝居の話しができてよかった!

店長が“店長松本”に改名したことについて、触れられてよかった!

秦さん、お忙しいなか、15分だけ顔出しに戻ってきてくださり、ほんの少しでもお話できてよかった!

最近、お芝居と離れていたので、きょうはいろいろ懐かしかったです。。。(ぶるちでは、3を自ら演じているけどね!)

あ、「るつぼ」で演じたアビゲイル・ウィリアムズが、いままで観たなかで一番良かったと、秦さんや築山さんに改めて褒めていただき、うれしかったとともに、つぎにお芝居やるときは、それを越えなきゃならないのだと思うとプレッシャーだなあ(笑)と、ちょっとビビるわたしでした。

えへへ。

あれは、本当に燃え尽きましたから。

あ、

そうだ、

言いそびれたけど、

安田姉役の比企理恵さんが、最高でした!

本当に面白い!!

あとから、元アイドルだと伺い本当に驚きました。

お芝居、素敵です。

カテゴリー: Aromami Blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です