6/4東北太平洋沖地震復興支援チャリティライブ開催につきまして

こんばんは。
みなさま、その後どうしていますか?
わたしは、いま、大阪から東京に戻る新幹線のなかです。

さて、

6/4のライブに関して、blue chee’sのblogに、このような記事がアップされました。


こんにちは、blue chee’s スタッフです。
早速ではございますが、blue chee’sメンバーより、6月4日に予定しておりますLIVEに関しまして、重要なお知らせがございます。
下記メッセージをご覧下さい。

≪blue chee’sより、皆さまへ≫

東北太平洋沖地震被災者の皆さま、並びに関係者の皆さま、 心より、お悔やみとお見舞いを申し上げます。
このたびの未曾有の大災害を受けまして、blue chee’sとして、何か少しでも被災地の支援・復興にお役に立てることがないのだろうか。
そんな思いから、今回、

東北太平洋沖地震
被災地の女性、妊産婦と赤ちゃん支援・復興支援チャリティライブ
【blue chee’s LIVE vol.2〜衝動の物語〜】
〜いま、私たちが、できること〜

と、題しまして、チャリティライブを立ち上げることとなりました。
正直LIVEを行うという決定に至るまでは、メンバー一同非常に悩みました。

現状を顧みますと、節電や自粛を訴える事情が多く、はたして今LIVEを行うことが、本当に正しい事なのかどうか、分からなかったからです。
しかし今、被災地に向けて、また被災した方々に向けて、様々な職業の方々が、それぞれの立場や思いを胸に、必死に動いてらっしゃいます。

私たちに、いま、出来ることは何なのだろうか?
まがりなりにも「表現者」である私たちが、今やれることを考えた時、それは「エンターテインメントを創ること」でした。
「笑顔」「元気」を届けることでした。
そんなおり、国際協力NGOジョイセフの活動内容を知り、 被災者の女性、妊産婦、赤ちゃんを支援するという考えに、感銘を受けました。
私たちblue chee’sはガールズバンドであり、 特に世の中の迷える女性たちを元気付けたいという思いで活動をしております。
そこで、ジョイセフと直接連絡を取ったところ、幸いなことに、6月4日に行うLIVEに関し、ご賛同頂くことができました。
つきましては、メンバー内で話し合った結果、今回のLIVEの売上金の一部を、 ジョイセフを通じて、被災地へ寄付することと致しました。
同じ女性としての立場から、今回のタイトルにもあります通り、 被災地の女性や妊産婦、赤ちゃんのお役に立てることが出来ればと思っております。
またこれを機に、多くの方にジョイセフの存在を知っていただければと思っています。

思いは一つです。

私たちひとりひとりの思いをひとつにして、被災地に届けたい、そう思っております。

チャリティライブの詳細につきましては、 決定次第、HPならびに、こちらのBLOGにて掲載して参ります。
皆さまのご協力を、どうぞよろしくお願い致します。

blue chee’s ジェシカ キャメロン クイーンエリザベスⅢ世 アネモネ

************

このライブイベントのプロデュースをしているERIさんとわたしも話し合いに加わり、今回このような形で開催することにいたしました。

なんらかの形でチャリティーに参加してみたいな、という方や、単純にblue chee’sのライブを楽しみにしてくださっているかたはもちろん!もし、ひとりで家にいると不安なかた、心配で毎晩うまく眠れないかた、なんだかイライラしてしまうかた、なぜだか元気がでないかたがいらっしゃいましたら、迷わずお越しください。

同じ時間をみんなで共有し、家に帰るときには、「なんか、元気になったかも」や、「そういえば、イベント中は不安な気持ち忘れてた!」や、「なんかやりたくなってきた!!」など、なんでもいい、少しでも、来てくださった方の心にポジティブな感情が生まれたらいいなあ。。と思っています。

出演者、スタッフ一同、いまわたしたちにできることを、精一杯やりたい。

6/4まで、もうちょっと時間がありますが、それまでは泣いて笑ってお互いの時間を過ごしましょうねっ(^O^)/

そして、6/4渋谷クラブクロールにて、お会いできるのを楽しみにしています☆

藤岡麻美

カテゴリー: Aromami Blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です