新妻真由さん、自宅訪問?! | 藤岡麻美オフィシャルサイト ~mami fujioka official web site~

新妻真由さん、自宅訪問?!

先日、加藤真由ちゃんのお家におじゃまして、お昼ご飯をいただきました!

って…

わたしの目的は、また別にありましたが!

ふっふっふぅー(^_-)-☆

しっかし、真由ちゃんの手料理、美味しかったなぁ!!

あー、思い出すだけで、また食べたくなる…

なめこ、おっきかったなー。

汁物の味付けも、好きだったし、ご飯は、そのまま食べても、お茶漬けにしても、美味しかったよぉ。

\^o^/

ベランダのゴーヤは、すくすく育って、9つもなっていた!

ゴーヤちゃんポー、いっぱい食べられるー☆

いいね。いいね。夢のゴーヤ栽培です。

この日は、とある重要な作業をしました。

そうそう、以前、国語の教員をしていた真由ちゃんと、作業しながら話していて思ったのですが・・・

同じ「言葉」でもひとによって解釈の仕方がさまざまですが、わたしはだれかと「いま、かなり近いところまで、同じ言葉を共有できている!」と感じたときは、うれしい。というか、なんだか、ちょっと興奮してしまうのです。

はたまた、同じ言葉でも自分とは全然違う意味で使っているひとがいるとき、「どうして、そういう風に使うようになったのだろう?」とか、逆に、「自分はどうして、こういう状況でこの言葉を使われると、嫌な気持ちになるのだろう・・」「どうして、こう言われると、わたしはうれしいのだろう?」などと考える。。 。

考えてみると、キッカケは、ないようで、ある。
思い当たらないときも、もちろん、ある。

それから、「このひとに言われると嫌なのに、このひとから言われると平気」というときもある。
こちらは、失礼のないように、丁寧に言葉を選んだつもりでも、逆に「本心が伝わって来ない」と言われることもあれば、「慇懃無礼」ということもあるでしょう・・・

そんなことを考えはじめると、「言葉って、こわいなぁ・・・」と、つい思ってしまうのだけれど、そんな「言葉」を使って、ひとを幸せにしたり、楽しませたり、ほっとさせたり、やる気にさせたりできるひとは、素敵だなぁ。と、思う。

タイムアウトで、わたくしつぎの任務へと向かいました。
寝不足や疲れで、この日は頭痛もひどく、もっといろいろ見せてもらいたいものや、聴きたいもの、聞きたいことがあったのですが・・・
次回の作業日に、またお世話になりまーす!

というワケで、
真由ちゃん、美味しいご飯ごちそうさまでした。

あんど、

お疲れ様でしたm(_ _)m
ありがとう!

Comments

僕が送った言葉達は、あなたの心にどんなふうに映ったのだろう…色は?背景は?それとも残像もなく…
感情を抑えたつもりでも上手く選べなくて、硝子の欠片みたいに、手にとるだけで辛い思いをさせたかな…?
この答は、自分では出せないのが堪えるね…(苦笑)。

どうも、お疲れ様です。
確かに「言葉と言うのは怖いなぁ。」と感じました。
私はよく書き込みさせて頂いておりますが、今までの中で「藤岡さんを傷つけたりしていないかなぁ」と振り返って少し不安になりました。

言葉って本当に難しいと思いました。
以後言葉選びには気をつけたいと思います。

コメントはこちらから!





Trackbacks

Trackback URL

bottomイメージ

Menu

bottomイメージ